練馬事務所 〒176-0012 東京都練馬区豊玉北5丁目24-15-1003

会社を大きくするより、良い会社つくりたい~今でもあの100円札と飴玉は僕の宝物

会社を大きくするより、良い会社つくりたい~今でもあの100円札と飴玉は僕の宝物
会社を大きくするより、良い会社つくりたい~今でもあの100円札と飴玉は僕の宝物
商品コード 4910064265
価格 1,100 円

核家族や単身世帯、この小さな世帯だけで社会が成り立っていくのでしょうか?そばに経験豊富な先輩がいなくてネットの検索情報だけで全て賄えますか? 介護事業を長く経営する川内美喜男氏は、介護を「ただの職業のひとつ」と捉えている若者に伝えたいことがあります。あなたの親世代は「長生きしてみるものだ。」と喜んでいますか? 祖父母に育てられた川内氏、高齢者冷遇の現状を目の当たりにし、違和感と義憤にかられ、「高齢の先輩に対する心」を事業活動として表現してきました。その伝えたいこととは? 高齢化社会を迎えた日本、誰もが親がいます。

出版社からのコメント
本書にメインゲストとして登場する川内 美喜男氏は、㈱ティー・シー・エスの代表取締役社長です。福祉サービスを専門とする㈱ティー・シー・エスは、訪問入浴や老人ホーム、デイサービスなど、県内外の12事業所で介護サービスを展開。「戦中戦後を経験された方々があって、衣食住に恵まれた今がある。人生の先輩を敬う心は絶やしてはいけません」と川内氏は語る。

著者について
【川内美喜男プロフィール】 熊本県の高校を卒業後、平塚市内の自動車関連会社に就職。ほどなくして寝具乾燥などを手がけるハウスクリーニング業を起業。そこで、不遇な在宅生活を過ごす高齢者の姿を目にし、「お風呂に入れてもらえなかったり、部屋の枕元に冷えた握り飯が置かれていたり。田舎では育ててもらった両親を世話するのは当たり前だった」と違和感から、まだ介護サービスの草創期、周囲の反対もある中で介護事業への参入を決めた。福祉サービスを専門とする㈱ティー・シー・エス」代表取締役社長。訪問入浴や老人ホーム、デイサービスなど、県内外の10事業所で介護サービスを展開。 【工藤直彦プロフィール】 音楽事務所 アーティスティックコミュニティ代表、論語、哲学、心理学などを学んでいる。

単行本: 70ページ
出版社: 万代宝書房; B6版 (2020/8/24)
言語: 日本語
ISBN-10: 4910064265
ISBN-13: 978-4910064260
発売日: 2020/8/24

目次
第一話 高齢化が喜べる社会へ 〜先輩たちは将来の自分 1、「フェアレディZ」に携わるのが一番の夢だった! 2、先輩たちに対して敬う心は何もないのか?という苛立ち 3、いや、おばあちゃん、順番だよ 第二話 敬う心がキレる現代人を救う! 〜自分たちが使いたいサービスを作る 1、介護の現場は、チームワークで動く 2、自分の限界を超えた時、その人の本性が出てしまう! 3、自分たちが使いたいサービスをつくろうよ! 第三話 損得勘定だけで失敗するな! 〜人に喜んで頂いてこその人生 1、これ、お袋、喜ぶかな? 2、自分を褒められるより、社員褒められたら何倍も嬉しい! 3、誰しも商売始めたら感動する場面がある、それを忘れない!

数量:

ウィッシュリストに追加する »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。