練馬事務所 〒176-0012 東京都練馬区豊玉北5丁目24-15-1003

万代宝書房の方針と出版の基本形態

私の思い

私はジャーナリスト・ノンフィクション作家です。これからも、それは止める気はありません。色々な方から、相談を受けます。
私は常々、「みなさんのお仕事、志など、未常識だけど世の中にとって良いもの(こと)はたくさんあり、社会に広く知られるべきことはたくさんある。それは、人類の宝。その宝をISBNを取り、商業出版レベルにまで内容を高め、国会図書館にいれなくてはいけない」と思っていました。
自ら出版社を立ち上げようと思ったきっかけは、父の手記を出版できたことです。
父は、玉砕したガダルカナル島の戦いから、奇跡の生還をし、平和の大切さを話してくれていました。「ガ島で死んだ兵士は、米兵に殺されたんじゃないんだ…」(テープ起こしより)と言っていました。父の語った、平和への思い、戦争の悲惨さ、愚かさを本に残せました。
父は有名でも何でもない、普通の人でした。でも、父の生き残った体験は貴重なものだと思ったのです。(https://amzn.to/2WDkhN8)

出版数日後、それを知った4名の方から、「実は原稿があるんだけど、出版できないかな? 俺の体験は本にする価値があるかな? 正直に判断してほしい」と言われたのです。私には、偶然とは思えませんでした。
全員、価値のある原稿者でした。でも、3名は編集やリライトが必要と感じました。
本人たちは、「そうであれば、何とか出版できないか?」ということでした。
そこで、印刷会社を当たり、何人かの相談し、私の思いと著者の思いを実現させようと、出版社を立ち上げることにしました。

出版の基本

  1. 商業出版にこだわる。
  2. 出版した本を読んで幸せになる人、助かる人がいる。
  3. オンデマンド出版にする。
  4. 流通は通さず、ネット販売する。
  5. 書店での直販販売には応じる。

他社との違い

  1. 私、釣部がトコトン品質にこだわってチェックします! こだわりポイント 著者が気づいていない、著者の魅力を引き出す。  著者の人生の痛みや苦しみを喜びに転換できるように校正する。  著者の家族が出版した事を幸せに感じる構成にする。
  2. 自身の歴史を後世に伝える為に出版する、本気の著者をサポートする。
  3. 現役のジャーナリスト、作家として日々骨身を削っている生き方を分かち合う。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。